ハンガー掛けを付けてみよう

  daiku (2010年1月 2日 09:54) | コメント(0)

100円ショップなどで購入可能な木製の球体

こいつを壁につけてやればこの通り!

(微妙ですかね?)

2010.1.2hanger2.JPG

 

2010.1.2.hanger1.JPG

 

まず材料に4mmくらいのキリで穴をあけます

材料が25ミリくらいの球体なので

50ミリ位の長さの皿ビスで止めました

 

 

2010.1.2hanger3.JPG

 

使用するキリは今回は2種類

皿頭のビスを使う場合、写真下のビットを使用すると良いでしょう

 

 

 

2010.1.2torituke-sitaji.JPG

 

材料の段取りが出来たらいよいよ取り付けです

取り付けの位置は基本的に下地のあるとこがお勧めです

普通、洋間などはクロス下地に石膏ボードが貼ってありますが

下地の無い所に取付けると、使用してるうちに壁がだめになります

木造の場合、下地位置は基本的に壁芯から455ミリピッチにあります

下地の無い所に付ける場合、板などをわたすと良いでしょう

 

 

 

2010.1.2hanger5.JPG下地の位置は壁をたたいて探す場合もありますが

それでも解らない場合、写真のような道具もあります

先端を押すと細い針が出てくるため、壁に押し付けて

針が下地にあたるのを確かめます

 

下地の確認が出来たら取付してみましょう